2008年(平成20年)に流行した洋画ランキングベスト24を解説【あらすじ・結末】

洋画

この記事では2008年(平成20年)に流行した洋画を興行収入順にランキング形式で紹介しています。

目次

2008年(平成20年)に流行した洋画・興行収入ランキング1位~10位

では早速2008年(平成20年)に流行した洋画ベスト24を見ていきましょう。

2008年(平成20年)に流行した洋画1位「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」


監督 スティーヴン・スピルバーグ
製作 フランク・マーシャル
音楽 ジョン・ウィリアムズ
出演 ハリソン・フォード(インディアナ・ジョーンズ)
カレン・アレン(マリオン・レイヴンウッド)
シャイア・ラブーフ(マット・ウィリアムズ)
興行収入 57.1億円
yahoo!映画の評価 3.32

2008年(平成20年)に流行した洋画2位「レッドクリフ Part I」


監督 ジョン・ウー
製作 テレンス・チャン
ジョン・ウー
音楽 岩代太郎
出演 ジンチェン ウー(諸葛亮)
トニー・レオン(周瑜)
チャン・フォンイー(曹操)
興行収入 50.5億円
yahoo!映画の評価 3.33

2008年(平成20年)に流行した洋画3位「アイ・アム・レジェンド」


監督 フランシス・ローレンス
製作 アキヴァ・ゴールズマン
デヴィッド・ハイマン
ジェームズ・ラシター
ニール・H・モリッツ
アーウィン・ストッフ
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演 ウィル・スミス(ロバート・ネビル)
サリー・リチャードソン(ゾーイ・ネビル)
アリシー・ブラガ(アナ)
興行収入 43.1億円
yahoo!映画の評価 3.18

2008年(平成20年)に流行した洋画4位「ライラの冒険 黄金の羅針盤」


監督 クリス・ワイツ
製作 デボラ・フォート
ビル・カラッロ
音楽 アレクサンドル・デスプラ
出演 ダコタ・ブルー・リチャーズ(ライラ・ベラクア)
ダニエル・クレイグ(アスリエル卿)
ニコール・キッドマン(コールター夫人)
興行収入 37.5億円
yahoo!映画の評価 3.33

2008年(平成20年)に流行した洋画5位「ハンコック」


監督 ピーター・バーグ
製作 アキヴァ・ゴールズマン
マイケル・マン
ウィル・スミス
ジェームズ・ラシター
音楽 ジョン・パウエル
出演 ウィル・スミス(ジョン・ハンコック)
シャーリーズ・セロン(メアリー・エンブリー)
ジェイソン・ベイトマン(レイ・エンブリー)
興行収入 31.0億円
yahoo!映画の評価 3.28

2008年(平成20年)に流行した洋画5位「ハンコック」

『ハンコック』は世間からひどく嫌われているヒーローの活躍を描いた作品で、日本では同日公開の『20世紀少年』を抑えて初登場1位を記録しています。

あらすじ

 

ロサンゼルスにはハンコック(ウィル・スミス)という空を自在に飛びまわる不死身の怪力男がおり、その力で度々犯罪者を捕まえていた。
しかし酒浸りで言葉も悪く、犯罪者を捕まえるたびに何かを破壊し街に被害を出し続けたため、人々からは「クソ野郎」と呼ばれ嫌われていた。

 

ある日ハンコックはPR業をしている会社員のレイ(ジェイソン・ベイトマン)を助け、 そのお礼に自宅に招待される。

レイの家には息子のアーロンと妻のメアリー(シャーリーズ・セロン)が住んでいた。

 

夕食後、レイはハンコックは称賛されるべき人物であり、日頃の行いを改め本来の評価を得られる手助けをしたいと申し出る。

ハンコックは渋々了承し、器物損壊により取刑務所に収監されハンコックが街からいなくなることで、いかにこれまでハンコックが街に貢献してきていたかを見せつける、という計画を立てるのだが・・・。

ハンコックが収監されると日に日に犯罪率は増加、人々も徐々にハンコックの重要性に気付き始めてきていた。

そんなある日銀行で立てこもり事件が発生し警察はハンコックに救援を依頼する。
ハンコックはレイとの打ち合わせ通りビルや道路を一切破壊せず現場へ到着し、警官を労い人質を救出した上で犯人を拘束してみせた。
これを見ていた人々は拍手を送り、ハンコックは言い表せぬ満足感を得た。

事件後レイ、メアリーと会食したハンコックは、自身が80年前から記憶喪失であることを二人に話す。
その後酒に酔ったレイを家に送ったハンコックはメアリーに異常なまでに惹かれキスしようとしてしまう。
その時メアリーはハンコックを尋常ならざる力で外に投げ飛ばし、「レイには言うな」と言い放った。

メアリーが自分と同じ存在だと確信したハンコックは翌日メアリーを自宅に呼び出す。
メアリーは自分たちのような存在は現在我々兄妹しかいないと説明するが、ハンコックは納得できず街に飛び出しケンカとなり、その様子をレイに見られてしまう。
メアリーはかつてハンコックと夫婦であった事実をレイに説明し、そのままどこかへ行ってしまう。

その頃ハンコックによって逮捕された銀行強盗犯が復讐を計画し脱獄していた。

ハンコックは立ち寄った店に現れた強盗を撃退するが、銃弾が当たり病院に運ばれる。
不死身のはずの肉体に異変が起きていることに動揺するハンコックの前に現れたメアリーは、自分たちが近づけば近づくほどその能力は失われやがて人間となり死に近づき、他の仲間はそのようにしていなくなったという事実を伝える。

その直後強盗犯が復讐に現れ銃を乱射、力が弱まっていたメアリーは被弾し心肺停止状態となってしまう。
ハンコックも重傷を負うが、見舞いに来ていたレイの不意打ちにより強盗犯は撃退される。

ハンコックは力を振り絞り病院から飛び立ち、二人の距離が離れたことで能力が復活しメアリーは救われた。
ハンコックはレイとメアリーの幸せを遠くから祈りつつ、ヒーローとして活動を続けるのであった。

ぶたさん

嫌われ者のヒーローが主役の本作。不死身で記憶喪失故に孤独、そして愛する人とも離れなければならないハンコックというキャラはどこか哀愁があるよね
ストーリーを通して結構汚い言葉や汚い表現も多いから、お子さんと観る方はちょっと注意が必要。それでも家族で気軽に観れる作品であるけどね

あざらし君

2008年(平成20年)に流行した洋画6位「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」


監督 アンドリュー・アダムソン
製作 マーク・ジョンソン
フィリップ・スチュワー
アンドリュー・アダムソン
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
出演 ベン・バーンズ(カスピアン王子)
ウィリアム・モーズリー(ピーター・ペベンシー)
アナ・ポップルウェル(スーザン・ペベンシー)
興行収入 30.0億円
yahoo!映画の評価 3.68

C・S・ルイスの小説『ナルニア国ものがたり』を原作とした映画シリーズ第2作である。

ピーター(ウィリアム・モーズリー)、スーザン(アナ・ポップルウェル)、エドマンド、ルーシーの4兄弟が王としてナルニア王国を統治して1300年が経ち、ナルニアはテルマール人が支配しており、かつて繁栄していた動物や小人達は森でひっそりと生活していた。

 

国をおさめているのはミラース。
彼は先代王である兄を殺害し、王位継承権を持つ王子カスピアン(ベン・バーンズ)の摂政として君臨していた。

 

やがてミラースに子どもが誕生。その王位を自らの子に継がせようと王子暗殺を企てるが、カスピアンは家庭教師の協力により脱出。

追っ手から逃げるうち森にたどり着き、ナルニア人達と出会う。

カスピアンは生まれて初めて見た彼らに驚き、非常時にのみ吹けと言われていた角笛を鳴らしてしまう。
角笛は古の王である4兄弟を再びナルニアに呼び戻す力を持っており、ピーターらは現実世界からナルニア王国へ召喚される。

 

かつて自分たちがいた時代とは大きく異なるナルニアにショックを受ける4人。
カスピアンはナルニア人、ピーターらにミラースから王位を奪還する手伝いをしてくれれば自由を与えると宣言、彼らはこれを承諾し共闘することとなる。

 

一方ミラースはカスピアン行方不明の首謀者はナルニア人だとふれまわっており、全面戦争の幕が切って落とされようとしていた…

開戦するもナルニア軍は劣勢だった。

状況を打破するためピーターはミラースに一騎打ちを提案し、プライドの高いミラースはこれを退けることができず承諾する。
実はこの作戦は時間稼ぎであり、真の目的は戦闘が中断している間にどこかにいるであろう先代王・アスランを発見することにあった。
一騎打ちは辛くもピーターが勝利。ミラースはカスピアンに預けられるが、彼は恩赦を与えその命を奪わなかった。

しかし直後にミラースの部下が裏切り、保管していたスーザンの矢を突き刺し殺害。
テルマール軍に「一騎打ちの約束をナルニア軍が破った」と告げ、再び戦いが始まってしまう。

ナルニア軍は絶体絶命となるが、ルーシーが発見したアスランが駆けつけ、魔力で戦況を覆しナルニア軍は勝利する。

カスピアンは王位に就き、4兄弟は元の世界へと帰って行くのであった。

ぶたさん

第1作と同じく王道でわかりやすいストーリー。結局はアスラン頼み…といった面もあるのですが、前作に比べ大きく成長したピーターら4兄弟の成長は目を見張るものがあるね
当時の最新VFXを駆使した戦闘シーンの映像は現在と比較しても遜色なく、非常に迫力があるよね

あざらし君

2008年(平成20年)に流行した洋画7位「魔法にかけられて」


監督 ケヴィン・リマ
製作 バリー・ソネンフェルド
バリー・ジョセフソン
音楽 アラン・メンケン
出演 エイミー・アダムス(ジゼル)
パトリック・デンプシー(ロバート・フィリップ)
ジェームズ・マースデン(エドワード王子)
興行収入 29.1億円
yahoo!映画の評価 4.13

2008年(平成20年)に流行した洋画8位「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」


監督 ジョン・タートルトーブ
製作 ジェリー・ブラッカイマー
ジョン・タートルトーブ
音楽 トレヴァー・ラビン
出演 ニコラス・ケイジ(ベン・ゲイツ)
ジャスティン・バーサ(ライリー・プール)
ダイアン・クルーガー(アビゲイル・チェイス)
興行収入 25.8億円
yahoo!映画の評価 3.51

2008年(平成20年)に流行した洋画9位「ウォンテッド」


監督 ティムール・ベクマンベトフ
製作 マーク・E・プラット
ジム・レムリー
ジェイソン・ネッター
イアイン・スミス
音楽 ダニー・エルフマン
出演 ジェームズ・マカヴォイ(ウェスリー・ギブソン)
アンジェリーナ・ジョリー(フォックス)
モーガン・フリーマン(スローン)
興行収入 25.0億円
yahoo!映画の評価 3.45

2008年(平成20年)に流行した洋画10位「アース」


監督 アラステア・フォザーギル
マーク・リンフィールド
製作 アリックス・ティドマーシュ
ソフォクレス・タシオリス
音楽 ジョージ・フェントン
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
出演 ※ドキュメンタリー映画のためキャストはいません
興行収入 24.0億円
yahoo!映画の評価 3.55

2008年(平成20年)に流行した洋画・興行収入ランキング11位~20位

2008年(平成20年)に流行した洋画11位「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」


監督 ロブ・コーエン
製作 スティーブン・ソマーズ
ショーン・ダニエル
ジェイムズ・ジャック
ボブ・ダクセイ
音楽 ランディ・エデルマン
出演 ブレンダン・フレイザー(リック・オコーネル)
李連杰(アー・シン・ハン皇帝)
マリア・ベロ(エヴリン・オコーネル)
興行収入 22.0億円
yahoo!映画の評価 2.91

2008年(平成20年)に流行した洋画12位「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」


監督 ティム・バートン
製作 リチャード・D・ザナック
ウォルター・F・パークス
ローリー・マクドナルド
ジョン・ローガン
音楽 スティーヴン・ソンドハイム
出演 ジョニー・デップ(ベンジャミン・バーカー/スウィーニー・トッド)
ヘレナ・ボナム=カーター(ラヴェット夫人)
アラン・リックマン(ターピン判事)
興行収入 20.5億円
yahoo!映画の評価 3.37

2008年(平成20年)に流行した洋画13位「カンフー・パンダ」


監督 マーク・オズボーン
ジョン・スティーヴンソン
製作 メリッサ・コブ
音楽 ハンス・ジマー
ジョン・パウエル
出演 ジャック・ブラック(ポー)
ダスティン・ホフマン(シーフー老師)
アンジェリーナ・ジョリー(マスター・タイガー)
興行収入 20.0億円
yahoo!映画の評価 3.86

2008年(平成20年)に流行した洋画14位「セックス・アンド・ザ・シティ」


監督 マイケル・パトリック・キング
製作 サラ・ジェシカ・パーカー
ジョン・メルフィ
ダーレン・スター
マイケル・パトリック・キング
音楽 アーロン・ジグマン
出演 サラ・ジェシカ・パーカー(キャリー・ブラッドショー)
キム・キャトラル(サマンサ・ジョーンズ)
クリスティン・デイヴィス(シャーロット・ヨーク)
興行収入 18.0億円
yahoo!映画の評価 3.81

2008年(平成20年)に流行した洋画15位「ジャンパー」


監督 ダグ・リーマン
製作 サイモン・キンバーグ
ルーカス・フォスター
ジェイ・サンダース
ステイシー・メス
音楽 ジョン・パウエル
出演 ヘイデン・クリステンセン(デヴィッド・ライス)
ジェイミー・ベル(グリフィン・オコナー)
レイチェル・ビルソン(ミリー・ハリーズ)
興行収入 17.4億円
yahoo!映画の評価 2.91

2008年(平成20年)に流行した洋画16位「ダークナイト」


監督 クリストファー・ノーラン
製作 クリストファー・ノーラン
チャールズ・ローヴェン
エマ・トーマス
音楽 ハンス・ジマー
ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演 クリスチャン・ベール(ブルース・ウェイン/バットマン)
マイケル・ケイン(アルフレッド・ペニーワース)
ヒース・レジャー(ジョーカー)
興行収入 16.1億円
yahoo!映画の評価 4.39

2008年(平成20年)に流行した洋画17位「最高の人生の見つけ方」


監督 ロブ・ライナー
製作 ロブ・ライナー
クレイグ・ゼイダン
ニール・メロン
アラン・グライスマン
音楽 マーク・シャイマン
出演 ジャック・ニコルソン(エドワード・コール)
モーガン・フリーマン(カーター・チェンバーズ)
ショーン・ヘイズ(トマス)
興行収入 13.5億円
yahoo!映画の評価 4.03

2008年(平成20年)に流行した洋画18位「ハプニング」


監督 M・ナイト・シャマラン
製作 M・ナイト・シャマラン
バリー・メンデル
サム・マーサー
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演 マーク・ウォールバーグ(エリオット・ムーア)
ズーイー・デシャネル(アルマ・ムーア)
ジョン・レグイザモ(ジュリアン)
興行収入 12.3億円
yahoo!映画の評価 2.75

2008年(平成20年)に流行した洋画19位「イーグル・アイ」


監督 D・J・カルーソー
製作 アレックス・カーツマン
ロベルト・オーチー
パトリック・クローリー
音楽 ブライアン・タイラー
出演 シャイア・ラブーフ(ジェリー・ショー/イーサン・ショー)
ミシェル・モナハン(レイチェル・ホロマン)
ビリー・ボブ・ソーントン(トーマス・モーガンFBI捜査官)
興行収入 12.2億円
yahoo!映画の評価 3.32

2008年(平成20年)に流行した洋画20位「クローバーフィールド HAKAISHA」


監督 マット・リーヴス
製作 J・J・エイブラムス
ブライアン・バーク
音楽 マイケル・ジアッチーノ
出演 マイケル・スタール=デヴィッド(ロバート・ホーキンス(ロブ))
マイク・ヴォーゲル(ジェイソン・ホーキンス)
オデット・ユーストマン(エリザベス・マッキンタイア(ベス))
興行収入 12.0億円
yahoo!映画の評価 3.10

2008年(平成20年)に流行した洋画・興行収入ランキング21位~24位

2008年(平成20年)に流行した洋画21位「P.S. アイラヴユー」


監督 リチャード・ラグラヴェネーズ
製作 ウェンディ・フィネルマン
ブロデリック・ジョンソン
アンドリュー・A・コソーヴ
モリー・スミス
音楽 ジョン・パウエル
出演 ヒラリー・スワンク(ホリー・ケネディ)
ジェラルド・バトラー(ジェリー・ケネディ)
リサ・クドロー(デニース・ヘネシー)
興行収入 11.0億円
yahoo!映画の評価 3.56

2008年(平成20年)に流行した洋画22位「AVP2 エイリアンズVS.プレデター」


監督 コリン・ストラウス
グレッグ・ストラウス
製作 ジョン・デイヴィス
ウォルター・ヒル
デヴィッド・ガイラー
音楽 ブライアン・タイラー
出演 レイコ・エイルスワース(ケリー)
ジョン・オーティス(エディ)
スティーヴン・パスクール(ダラス)
興行収入 10.7億円
yahoo!映画の評価 2.53

2008年(平成20年)に流行した洋画23位「アメリカン・ギャングスター」


監督 リドリー・スコット
製作 ブライアン・グレイザー
リドリー・スコット
音楽 マルク・ストライテンフェルト
出演 デンゼル・ワシントン(フランク・ルーカス)
ラッセル・クロウ(リッチー・ロバーツ)
キウェテル・イジョフォー(ヒューイ・ルーカス)
興行収入 10.5億円
yahoo!映画の評価 3.87

2008年(平成20年)に流行した洋画24位「紀元前1万年」


監督 ローランド・エメリッヒ
製作 マイケル・ワイマー
ローランド・エメリッヒ
マーク・ゴードン
音楽 ハラルド・クローサー
トーマス・ワンダー
出演 スティーヴン・ストレイト(デレー)
カミーラ・ベル(エバレット)
クリフ・カーティス(ティクティク)
興行収入 10.1億円
yahoo!映画の評価 2.57

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です