1995年(平成7年)に流行した洋画ランキングベスト10を解説【あらすじ・結末】

洋画

この記事では1995年(平成7年)に流行した洋画を配給収入順にランキング形式で紹介しています。

1995年(平成7年)に流行した映画ベスト10

では早速1995年(平成7年)に流行した洋画ベスト10を見ていきましょう。

1995年(平成7年)に流行した洋画1位「ダイ・ハード3」


監督 ジョン・マクティアナン
製作 ジョン・マクティアナン
マイケル・タッドロス
音楽 マイケル・ケイメン
出演 ブルース・ウィリス(ジョン・マクレーン)
ジェレミー・アイアンズ(サイモン・ピーター・グルーバー)
サミュエル・L・ジャクソン(ゼウス・カーバー)
配給収入 48.0億円
yahoo!映画の評価 3.65

「ダイ・ハード3」はニューヨーク市警のジョン・マクレーンを主人公としたアクション映画の第三作目です。

これまでクリスマスの日に災難に会い続けてきたマクレーン警部補ですが、シリーズで初めてクリスマス以外の日が舞台となっています。

あらすじ

 

ニューヨーク市内で爆弾事件が発生した。

市警にはサイモン(ジェレミー・アイアンズ)と名乗る男から「マクレーンを呼び出し、指示通りの行動をとれ。さもないとまた他の場所を爆破する」と脅迫電話がかかってきた。

 

停職中のため朝まで酒を飲んでいたジョン・マクレーン刑事(ブルース・ウィリス)だったが、爆弾事件に対応するため市警に呼び戻さる。

ジョン・マクレーンは犯人の指示に従うが、その内容はギャングが大勢いるハーレムの真ん中で『黒人は嫌いだ』と書かれた看板を持ち立っていることだった。

 

近所に店を構えていたゼウス(サミュエル・L・ジャクソン)はこれに気付きジョンを問いただし、マクレーンが爆弾事件の犯人に強要されていることを聞く。

ゼウスはギャング達からマクレーンを守ろうとするが失敗し、ジョンもろとも殺されそうになってしまうが、タクシーに乗り込みなんとか窮地を脱する。

 

本署に戻った二人の元に、「計画を台無しにされた」と残念がるサイモンから再び電話がかかってくる。

サイモンから次々と指示を受け、二人は街中を奔走するのだが・・・

 

サイモンの目的は連邦準備銀行の金塊の強奪であり、「いわばボーナスのような物」で計画ついでにジョンを殺そうとしていた。
サイモンは以前ジョンに殺された元テロリスト、ハンスの兄であり、その復讐の機会をうかがっていたのだった。

爆弾の衝撃を利用し銀行のセキュリティを突破し金塊を盗み出したサイモンは、爆弾をつんだ船にジョンとゼウスを手錠で繋ぎ逃亡する。
窮地に陥った二人だが、ゼウス得意の鍵開けにより脱出する。

二人はわずかな手がかりからサイモン一味を追跡し、サイモンが乗るヘリコプターを爆破し計画を防ぐことに成功するのだった。

ぶたさん

1,2では舞台がそれぞれビル、空港と固定されていたのに対し、本作は街中をとにかく移動し続ける、犯人に脅迫され行動を強いられるなど、マンネリ化を防ぐ目的もあったのか大幅に作風が変わっている
ストーリーも1作目との関わりがあり、ファンには嬉しい設定だったはず

あざらし君

ぶたさん

ちなみに原題は『Die Hard: With a Vengeance』。猛烈にって意味なんだけど、『Vengeance』だけだと復讐って意味。ストーリーにうまく合わせたタイトルになってるんだ

1995年(平成7年)に流行した洋画2位「スピード」


監督 ヤン・デ・ボン
製作 マーク・ゴードン
音楽 マーク・マンシーナ
ビリー・アイドル
出演 キアヌ・リーブス(ジャック)
デニス・ホッパー(ペイン)
サンドラ・ブロック(アニー)
配給収入 45.0億円
yahoo!映画の評価 4.19

1995年(平成7年)に流行した洋画3位「フォレスト・ガンプ 一期一会」


監督 ロバート・ゼメキス
製作 ウェンディ・フィネルマン
スティーヴ・ティッシュ
スティーヴ・スターキー
音楽 アラン・シルヴェストリ
出演 トム・ハンクス(フォレスト・ガンプ)
サリー・フィールド(ミセス・ガンプ)
ロビン・ライト(ジェニー・カラン)
配給収入 38.7億円
yahoo!映画の評価 4.22

1995年(平成7年)に流行した洋画4位「マディソン郡の橋」


監督 クリント・イーストウッド
製作 クリント・イーストウッド
キャスリーン・ケネディ
音楽 レニー・ニーハウス
出演 クリント・イーストウッド(ロバート・キンケイド)
メリル・ストリープ(フランチェスカ・ジョンソン)
アニー・コーリー(キャロライン・ジョンソン)
配給収入 23.0億円
yahoo!映画の評価 3.75

1995年(平成7年)に流行した洋画5位「ウォーターワールド」


監督 ケヴィン・レイノルズ
製作 ケビン・コスナー
ジョン・デイヴィス
チャールズ・ゴードン
ローレンス・ゴードン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
アーティー・ケイン
出演 ケビン・コスナー(マリナー)
デニス・ホッパー(ディーコン)
ジーン・トリプルホーン(ヘレン)
配給収入 21.0億円
yahoo!映画の評価 3.20

1995年(平成7年)に流行した洋画6位「アポロ13」


監督 ロン・ハワード
製作 ブライアン・グレイザー
音楽 ジェームズ・ホーナー
出演 トム・ハンクス(ジム・ラヴェル)
ケヴィン・ベーコン(ジャック・スワイガート)
ビル・パクストン(フレッド・ヘイズ)
配給収入 20.0億円
yahoo!映画の評価 4.09

1995年(平成7年)に流行した洋画7位「マスク」


監督 チャールズ・ラッセル
製作 ボブ・エンゲルマン
音楽 ランディ・エデルマン
出演 ジム・キャリー(スタンリー・イプキス/スタンリー・ザ・マスク)
ピーター・リーガート(ミッチ・ケラウェイ警部)
ピーター・グリーン(ドリアン・タイレル)
配給収入 18.0億円
yahoo!映画の評価 4.01

1995年(平成7年)に流行した洋画8位「アウトブレイク」


監督 ウォルフガング・ペーターゼン
製作 ゲイル・カッツ
アーノルド・コペルソン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演 ダスティン・ホフマン(サム・ダニエルズ大佐)
レネ・ルッソ(ロビー・キーオ)
モーガン・フリーマン(ビリー・フォード准将)
配給収入 13.0億円
yahoo!映画の評価 3.72

1995年(平成7年)に流行した洋画9位「フランケンシュタイン」


監督 ケネス・ブラナー
製作 フランシス・フォード・コッポラ
ジェームズ・V・ハート
ジョン・ヴィーチ
ケネス・ブラナー
デビッド・パーフィット
音楽 パトリック・ドイル
出演 ロバート・デ・ニーロ(クリーチャー/片足の男)
ケネス・ブラナー(ヴィクター・フランケンシュタイン)
トム・ハルス(ヘンリー)
配給収入 10.5億円
yahoo!映画の評価 3.64

1995年(平成7年)に流行した洋画10位「キャスパー」


監督 ブラッド・シルバーリング
製作 コリン・ウィルソン
音楽 ジェームズ・ホーナー
出演 クリスティーナ・リッチ(キャット・ハーヴェイ)
ビル・プルマン(ジェームズ・ハーヴェイ博士)
キャシー・モリアーティ(キャリガン)
配給収入 9.0億円
yahoo!映画の評価 3.55

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です