1987年(昭和62年)に流行した洋画ランキングベスト10を解説【あらすじ・結末】

洋画

この記事では1987年(昭和62年)に流行した洋画を配給収入順にランキング形式で紹介(あらすじ・結末)しています。

1987年(昭和62年)に流行した洋画ベスト10

では早速1987年(昭和62年)に流行した洋画ベスト10を見ていきましょう。

1987年(昭和62年)に流行した洋画1位「トップガン」


監督 トニー・スコット
製作 ドン・シンプソン
ジェリー・ブラッカイマー
音楽 ハロルド・フォルターメイヤー
ジョルジオ・モロダー
出演 トム・クルーズ(ピート・”マーヴェリック”・ミッチェル)
ケリー・マクギリス(シャーロット・”チャーリー”・ブラックウッド)
ヴァル・キルマー(トム・”アイス”・カザンスキー)
配給収入 39.0億円
yahoo!映画の評価 3.92

アメリカ海軍のエリートパイロット養成学校の訓練生マーヴェリックが、仲間と共に成長していく姿を描いた航空アクション映画の傑作。

インド洋上。

マーヴェリック(トム・クルーズ)と相棒のグースはそこで国籍不明の戦闘機MiG(ミグ)との空中戦を行っていた。

ミグは彼らの同僚クーガーの機体をロックオンし、執拗に追い回す。

マーヴェリックの反撃でミグを追い払うことに成功したが、クーガーはロックオンされた恐怖から自信を失い、パイロットを辞めた。

 

教官に呼ばれたマーヴェリックとグースは、クーガーが行くはずだったエリートパイロット養成校「トップガン」行きを命じられる。

マーヴェリックの飛行は無鉄砲で危険なものだったが、トップガン最高責任者のヴァイパーはその非凡な才能を陰で認めていた。

 

トップガンでの日々は、ライバルのアイスマンと成績トップの座を争い、そして教官の一人チャーリー(ケリー・マクギリス)と恋に落ちるなど、充実したものだった。

そんな中、ある日の訓練中に不意に発生したジェット気流によってマーヴェリックの機体は操作不能に陥り、緊急脱出の際に頭を強打したグースが命を落としてしまう。

 

事故の原因はマーヴェリックではなく、責任は追及されなかったものの彼は自責の念に苛まれ、以前のような攻撃的な飛行ができなくなってしまう・・・。

すっかり自信を無くしたマーヴェリックにヴァイパーが話しかける。
マーヴェリックの父は謎の死を遂げていたが、ヴァイパーは父の同僚であった。

マーヴェリックはヴァイパーから父の死の真相を聞かされる。
マーヴェリックの父は味方機体を3機救ったのと引き換えに撃墜されたのだ。秘密にされていた理由は、軍事境界線を越えていたため機密事項にされていたからだった。

英雄の血を引くマーヴェリックは再起を決意する。

トップガン卒業と同時に出撃命令が下ったマーヴェリックとアイスマン。

復活したマーヴェリックは父同様にアイスマンを守り切り、勇敢でやさしい本物のパイロットに成長したのだった。

ぶたさん

飛行機に命を懸ける男たちの生き様がスゴイ
僕が一番好きなのは、マーヴェリックとアイスマンがお互いを認め合うシーンかな

あざらし君

ぶたさん

アクション、友情、恋愛とさまざまな要素が詰まった、最高の映画の1つと言えるね

1987年(昭和62年)に流行した洋画2位「アンタッチャブル」


監督 ブライアン・デ・パルマ
製作 アート・リンソン
音楽 エンニオ・モリコーネ
出演 ケビン・コスナー(エリオット・ネス)
チャールズ・マーティン・スミス(オスカー・ウォレス)
アンディ・ガルシア(ジョージ・ストーン)
配給収入 17.5億円
yahoo!映画の評価 4.27

1987年(昭和62年)に流行した洋画3位「プラトーン」


監督 オリバー・ストーン
製作 アーノルド・コペルソン
音楽 ジョルジュ・ドルリュー
出演 チャーリー・シーン(クリス・テイラー)
ウィレム・デフォー(ゴードン・エリアス3等軍曹)
トム・ベレンジャー(ボブ・バーンズ2等軍曹)
配給収入 18.0億円
yahoo!映画の評価 4.07

1987年(昭和62年)に流行した洋画4位「ビバリーヒルズ・コップ2」


監督 トニー・スコット
製作 ジェリー・ブラッカイマー
ドン・シンプソン
音楽 ハロルド・フォルターメイヤー
出演 エディ・マーフィ(アクセル・フォーリー)
ジャッジ・ラインホルド(ビリー・ローズウッド)
ジョン・アシュトン(ジョン・タガート巡査部長)
配給収入 14.2億円
yahoo!映画の評価 3.66

1987年(昭和62年)に流行した洋画5位「オーバー・ザ・トップ」


監督 メナハム・ゴーラン
製作 メナハム・ゴーラン
ヨーラム・グローバス
音楽 ジョルジオ・モロダー
出演 シルベスター・スタローン(リンカーン・ホーク)
デビッド・メンデンホール(マイケル・カトラー)
ロバート・ロッジア(ジェイソン・カトラー)
配給収入 12.0億円
yahoo!映画の評価 3.71

「オーバー・ザ・トップ」はシルヴェスタ・スタローンが脚本・主演を務めた作品であり1980年代のスポ根映画の1つです。

日本でも大ヒットし、サントラも人気となりました。

トラックの中で生活をしながらアームレスラーとして生計を立てているホーク(シルベスター・スタローン)。

陸軍学校を卒業したマイケル(デビット・メンデンホール)は、遠方の病院で入院している母親を見舞いに行く途中で、父親のホークと10年ぶりに再会する。

10年ぶりに顔を見せた父親に反抗し、渋々父親のトラックで入院している母の元に向かうマイケルだが、貧乏でその日暮らしをしている父親を受け入れられない。

 

トラックでの旅を通して次第にマイケルは父親と心を通わせるが、病院に着いた時、すでに母親は亡くなっていた。

 

「父親が迎えに来なければ母に会えたのに」と考えるマイケルは、父の元を離れ祖父の家で暮らすことを選び心を閉ざしてしまう・・・。

ホークはマイケルと暮らしたいと思うが、それを許さない祖父。実はホークが10年間もマイケルと会えなかったのは、ソフトの確執が原因だった。

マイケルも「一緒に暮らせない」とホークに言い、仕方なくホークは息子の元を離れ、父親の雄姿を見せるべくホークは1人ラスベガスのアームレスリング大会に向かう。

ホークは息子への想いを糧に決勝まで残るが、決勝の相手は5年間無敗の男。
弱きな父親の元へやってきたのは、父親の愛情を知ったマイケルだった。

息子の応援を受けながホーク熱戦の末優勝し、父と子は共に暮らすことを決意するのだった。

ぶたさん

青春スポ根映画の代名詞のような作品がオーバー・ザ・トップだね
父と息子の絆、そしてアームレスリングの熱い戦いを見事に描き切り、みんなに愛される作品となった

あざらし君

1987年(昭和62年)に流行した洋画6位「プロジェクトA2 史上最大の標的」


監督 ジャッキー・チェン
製作 ジャッキー・チェン
エドワード・タン
音楽 マイケル・ライ
出演 ジャッキー・チェン(ドラゴン(馬如龍))
マギー・チャン(サンサン(綺珊))
ロザムンド・クワン(パク(白影紅))
配給収入 10.5億円
yahoo!映画の評価 3.68

1987年(昭和62年)に流行した洋画7位「キングコング2」


監督 ジョン・ギラーミン
製作 マーサ・デ・ラウレンティス
音楽 ジョン・スコット
出演 リンダ・ハミルトン(エイミー・フランクリン)
ブライアン・カーウィン(ハンク・ミッチェル)
ジョン・アシュトン(ネヴィット中佐)
配給収入 9億円
yahoo!映画の評価 2.26

1987年(昭和62年)に流行した洋画8位「ハワード・ザ・ダック 暗黒魔王の陰謀」


監督 ウィラード・ハイク
製作 グロリア・カッツ
音楽 ジョン・バリー
出演 リー・トンプソン(ビバリー・スウィツラー)
ジェフリー・ジョーンズ(ウォルター・ジェニングス博士)
ティム・ロビンス(フィル・ブランバート)
配給収入 7.7億円
yahoo!映画の評価 3.12

1987年(昭和62年)に流行した洋画9位「ゴールデン・チャイルド」


監督 マイケル・リッチー
製作 エドワード・S・フェルドマン
ロバート・D・ワックス
音楽 ミシェル・コロンビエ
出演 エディ・マーフィ(チャンドラー・ジャレル)
シャーロット・ルイス(キー・ナン)
チャールズ・ダンス(サード・ナンスパ)
配給収入 7.6億円
yahoo!映画の評価 2.80

1987年(昭和62年)に流行した洋画10位「シュワルツェネッガー プレデター」


監督 ジョン・マクティアナン
製作 ローレンス・ゴードン
ジョエル・シルバー
ジョン・デイヴィス
音楽 アラン・シルヴェストリ
出演 アーノルド・シュワルツェネッガー(アラン・”ダッチ”・シェイファー少佐)
カール・ウェザース(ジョージ・ディロン)
エルピディア・カリロ(アンナ・ゴンザルベス)
配給収入 7.3億円
yahoo!映画の評価 4.07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です