1992年(平成4年)に流行した洋画ランキングベスト10を解説【あらすじ・結末】

洋画

この記事では1992年(平成4年)に流行した洋画を配給収入順にランキング形式で紹介しています。

1992年(平成4年)に流行した洋画ベスト10

では早速1992年(平成4年)に流行した洋画ベスト10を見ていきましょう。

1992年(平成4年)に流行した洋画1位 「フック」


監督 スティーヴン・スピルバーグ
製作 キャスリーン・ケネディ
フランク・マーシャル
ジェラルド・R・モーレン
音楽 ジョン・ウィリアムズ
出演 ダスティン・ホフマン(フック船長)
ロビン・ウィリアムズ(ピーターパン)
ジュリアロバーツ(ティンカーベル)
配給収入 23.3億円
yahoo!映画の評価 3.55

スティーブン・スピルバーグは物語としてのピーターパンが好きで、満を持して「フック」を製作したと言われています。

不動産会社の弁護士として働くピーター・バニング(ロビン・ウィリアムズ)。
彼には2人の子供がいますが、子供よりも仕事が大切で息子の野球の試合も見ることができず、いつも約束を破ってばかりです。

そんなある日ピーター一家はイギリスのおばあちゃん、ウェンディの家を訪れますが、ピーター達が仕事で家を留守にしている間に2人の子供が連れ去られてしまいます。

家の中にはなんと、子供を連れ去ったというフック船長からの手紙が残されていたのです。

ウェンディはピーターにこう言います「昔を思い出して、ピーターパンはあなたよ」と・・・

窓からやってきたティンカーベルにネバーランドに連行されたピーターでしたが、昔のように飛ぶことも出来ず、ネバーランドの誰もが彼がピーター・パンだとは信じません。
自分自身がピーター・パンだと思いだせないピーターでしたが、自分が想像したことが本当になる、ということを思いだします。

最も幸せだった瞬間、それは自分が父親になった時だったと思いだしたピーターは、空を飛べるようになり子供たちを助け出す決意をします。
2人の子供をさらったのは宿敵フック船長でした。
ピーター・パンは子供達の協力でフック船長を倒し、無事に2人の子供を助けることができました。

子供を連れて現実の世界に戻ってきたピーターは、仕事よりも大切な家族と楽しい時間を過ごすことを優先したのでした。

ぶたさん

子供の頃の大切な心を忘れてしまったピーター。彼の姿は仕事ばかりの大人にとっては自分を見ているように思うだろうね
仕事よりも家族や友達との幸せな時間が大切だとあらためて気づかされる映画だね

あざらし君

1992年(平成4年)に流行した洋画2位 「エイリアン3」


監督 デヴィッド・フィンチャー
製作 ゴードン・キャロル
デヴィッド・ガイラー
ウォルター・ヒル
音楽 エリオット・ゴールデンサール
出演 シガニー・ウィーバー(リプリー)
チャールズ・ダンス(ディロン )
チャールズ・S・ダットン(クレメンス )
配給収入 19.5億円
yahoo!映画の評価 3.10

1992年(平成4年)に流行した洋画3位 「氷の微笑」


監督 ポール・バーホーベン
製作 アラン・マーシャル
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
出演 マイケル・ダグラス(ニック・カラン)
シャロン・ストーン(キャサリン・トラメル)
ジョージ・ズンザ(ガス・モラン)
配給収入 19.0億円
yahoo!映画の評価 3.58

1992年(平成4年)に流行した洋画4位 「JFK」


監督 オリバー・ストーン
製作 A・キットマン・ホー
オリバー・ストーン
音楽 ジョン・ウィリアムズ
出演 ケビン・コスナー(ジム・ギャリソン)
トミー・リー・ジョーンズ(クレー・ショー)
ゲイリー・オールドマン(リー・ハーヴェイ・オズワルド)
配給収入 17.0億円
yahoo!映画の評価 3.74

1992年(平成4年)に流行した洋画5位 「美女と野獣」


監督 ゲーリー・トゥルースデイル
カーク・ワイズ
製作 ドン・ハーン
音楽 アラン・メンケン
出演 ペイジ・オハラ(ベル)
ロビー・ベンソン(野獣)
リチャード・ホワイト(ガストン)
配給収入 16.0億円
yahoo!映画の評価 4.28

1992年(平成4年)に流行した洋画6位 「パトリオット・ゲーム」


監督 フィリップ・ノイス
製作 メイス・ニューフェルド
ロバート・レーメ
音楽 ジェームズ・ホーナー
出演 ハリソン・フォード(ジャック・ライアン)
アン・アーチャー(キャシー・ライアン)
ソーラ・バーチ(サリー・ライアン)
配給収入 12.0億円
yahoo!映画の評価 3.24

1992年(平成4年)に流行した洋画7位 「ホット・ショット」


監督 ジム・エイブラハムズ
製作 ビル・バダラート
音楽 シルヴェスター・リヴェイ
出演 チャーリー・シーン(トッパー・ハーレー)
ケイリー・エルウィス(ケント・グレコリー)
ヴァレリア・ゴリノ(ラマダ・トンプソン)
配給収入 10.2億円
yahoo!映画の評価 3.36

1992年(平成4年)に流行した洋画8位 「愛人 ラマン」


監督 ジャン=ジャック・アノー
製作 クロード・ベリ
音楽 ガブリエル・ヤレド
出演 ジェーン・マーチ(少女)
レオン・カーフェイ(中国人青年)
フレデリック・マイニンガー(母)
配給収入 10.0億円
yahoo!映画の評価 3.60

1992年(平成4年)に流行した洋画9位 「リーサル・ウェポン3」


監督 リチャード・ドナー
製作 ジョエル・シルバー
リチャード・ドナー
音楽 エリック・クラプトン
マイケル・ケイメン
エルトン・ジョン
出演 メル・ギブソン(マーティン・リッグス)
ダニー・グローヴァー(ロジャー・マータフ)
レネ・ルッソ(ローナ・コール)
配給収入 10.0億円
yahoo!映画の評価 3.57

1992年(平成4年)に流行した洋画10位 「ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の七日間」


監督 デヴィッド・リンチ
製作 グレッグ・フィーンバーグ
音楽 アンジェロ・バダラメンティ
出演 シェリル・リー(ローラ・パーマ)
デヴィッド・ボウイ(フィリップ・ジェフリーズ捜査官)
レイ・ワイズ(リーランド・パーマー)
配給収入 8.0億円
yahoo!映画の評価 3.24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です