2014年(平成26年)に流行した洋画ランキングベスト18を解説【あらすじ・結末】

洋画

この記事では2014年(平成26年)に流行した洋画を興行収入順にランキング形式で紹介しています。

目次

2014年(平成26年)に流行した洋画ベスト1~10位

では早速2014年(平成26年)に流行した洋画ベスト18を見ていきましょう。

2014年(平成26年)に流行した洋画1位「アナと雪の女王」


監督 クリス・バック
ジェニファー・リー
製作 ピーター・デル・ヴェッチョ
音楽 クリストフ・ベック
出演 クリスティン・ベル(アナ)
イディナ・メンゼル(エルサ)
ジョナサン・グロフ(クリストフ)
興行収入 255.0億円
yahoo!映画の評価 3.66

2014年(平成26年)に流行した洋画2位「マレフィセント」


監督 ロバート・ストロンバーグ
製作 ドン・ハーン
ジョー・ロス
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演 アンジェリーナ・ジョリー(マレフィセント)
シャールト・コプリー(ステファン王)
エル・ファニング(オーロラ)
興行収入 65.4億円
yahoo!映画の評価 3.51

2014年(平成26年)に流行した洋画3位「ゼロ・グラビティ」


監督 アルフォンソ・キュアロン
製作 アルフォンソ・キュアロン
デヴィッド・ハイマン
音楽 スティーヴン・プライス
出演 サンドラ・ブロック(ライアン・ストーン)
ジョージ・クルーニー(マット・コワルスキー)
エド・ハリス(ミッション・コントロール)
興行収入 32.3億円
yahoo!映画の評価 3.67

2014年(平成26年)に流行した洋画4位「GODZILLA ゴジラ」


監督 ギャレス・エドワーズ
製作 メアリー・ペアレント
ジョン・ジャシュニ
トーマス・タル
ブライアン・ロジャース
音楽 アレクサンドル・デスプラ
出演 アーロン・テイラー=ジョンソン(フォード・ブロディ大尉)
渡辺謙(芹沢猪四郎)
エリザベス・オルセン(エル・ブロディ)
興行収入 32.0億円
yahoo!映画の評価 3.18

2014年(平成26年)に流行した洋画5位「アメイジング・スパイダーマン2」


監督 マーク・ウェブ
製作 アヴィ・アラッド
マシュー・トルマック
音楽 ハンス・ジマー
The Magnificent Six
出演 アンドリュー・ガーフィールド(ピーター・パーカー/スパイダーマン)
エマ・ストーン(グウェン・ステイシー)
ジェイミー・フォックス(マックス・ディロン/エレクトロ)
興行収入 31.4億円
yahoo!映画の評価 3.45

『アメイジング・スパイダーマン2』はマーベルコミックを原作とするアクション映画で、2012年の映画『アメイジング・スパイダーマン』の続編です。

『アメイジング・スパイダーマン2』のあらすじ

 

ピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)は、スパイダーマンとして街の平和を守りながら、高校生として日々勉学に励んでいた。

そんな高校生活も無事に終わり卒業式を終えたある日、幼馴染のハリー(デイン・デハーン)が8年ぶりに街に帰ってきた。

ハリーの父にしてオズコープ社社長のノーマンが亡くなったことで、次期CEOとして呼び戻されたのであった。

 

再会を喜び合う二人だったが、ハリーはノーマン同様の遺伝性の病に苦しんでいた。

 

その頃オズコープ社で働くマックス(ジェイミー・フォックス)が残業中に感電し、遺伝子組み換えされた電気ウナギがいる水槽に落下し死亡する。

マックスの遺体は安置室に運ばれたが、全身から電気を発し電気を操れる怪物として復活する。

自分に何が起きたかわからぬまま街に出たマックスはその力を制御できず暴走、警官隊が大勢駆け付ける事態へと発展する。

 

偶然居合わせたピーターがスパイダーマンとなり説得にあたるが、警官の一人が発砲したことでマックスは怒りを爆発させ、電気を放ち街を破壊し始めてしまう。

スパイダーマンの活躍によりマックスは逮捕されたが、マックスはスパイダーマンに対し憎悪を抱くようになる。

 

一方ハリーは症状が悪化し解決策を模索していたところ、オズコープ社でかつて行われた蜘蛛と人のDNA交配実験を発見し、これがスパイダーマンを生み出した原因だと推測する。

スパイダーマンの血を得れば治癒力が向上し病気も治ると考えたハリーは、スパイダーマンの写真を撮っている(そう世間に思わせている)ピーターに仲介を依頼する。

ピーターはかつてのコナーズ教授のように暴走することを恐れ、スパイダーマンとしてハリーの前に現れ断るが、ハリーは真意に気付けず自分を見殺しにしたと恨みを抱くようになる。

 

ハリーは調査を続けマックスの存在を知り、収監されている刑務所を来訪、協力関係を気付きスパイダーマンへの復讐と、オズコープ社に保管されている蜘蛛の毒素のサンプル奪取を目論む。

 

その頃ピーターは恋人グウェン(エマ・ストーン)にプロポーズ、幸せな瞬間がおとずれていた…

アコーディオンにtitleを入力してください

ぶたさん

衝撃的な展開の本作。ストーリーは見所満載だけど、少しキャラを詰め込み過ぎてる気もするね
続編への伏線もたくさんあるんだけど、製作元の関係でシリーズは打ち切られてしまったんだ

あざらし君

2014年(平成26年)に流行した洋画6位「トランスフォーマー/ロストエイジ」


監督 マイケル・ベイ
製作 ドン・マーフィ
トム・デサント
ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
イアン・ブライス
音楽 スティーブ・ジャブロンスキー
出演 マーク・ウォールバーグ(ケイド・イェーガー)
ニコラ・ペルツ(テッサ・イェーガー)
ジャック・レイナー(シェーン・ダイソン)
興行収入 29.1億円
yahoo!映画の評価 3.13

2014年(平成26年)に流行した洋画7位「オール・ユー・ニード・イズ・キル」


監督 ダグ・リーマン
製作 ジェイソン・ホッフス
グレゴリー・ジェイコブズ
トム・ラサリー
ジェフリー・シルヴァー
アーウィン・ストフ
音楽 ラミン・ジャヴァディ
出演 トム・クルーズ(ウィリアム・ケイジ)
エミリー・ブラント(リタ・ヴラタスキ)
ビル・パクストン(ファレウ曹長)
興行収入 15.9億円
yahoo!映画の評価 3.95

2014年(平成26年)に流行した洋画8位「猿の惑星:新世紀(ライジング)」


監督 マット・リーヴス
製作 ピーター・チャーニン
ディラン・クラーク
リック・ジャッファ
アマンダ・シルヴァー
音楽 マイケル・ジアッキーノ
出演 アンディ・サーキス(シーザー)
ジェイソン・クラーク(マルコム)
ゲイリー・オールドマン(ドレイファス)
興行収入 14.2億円
yahoo!映画の評価 3.85

『猿の惑星 新世紀(ライジング)』は1968年の映画『猿の惑星』から続く『猿の惑星 シリーズ』の新たな作品で、『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』の続編です。なぜ地球が『猿の惑星』となったのか、その過程が描かれています。

前作では、新薬を投与され知能が急激に発達した猿のシーザーが、虐待を受けた人間に反旗を翻しミュアウッズ国定公園を占拠する一方、人間はウイルスによって人類滅亡の危機に瀕するまでが描かれました。

猿の惑星:新世紀(ライジング)のあらすじ

 

製薬会社『ジェネシス』が作り出したウィルスALZ113は通称『猿インフルエンザ』と呼ばれ、瞬く間に蔓延し世界中に広がっていった。
このウィルスの致死率は極めて高く、やがて各国の行政機関も役に立たないほどの事態となり、生き残った人々も物資を奪い合うなど互いに殺し合い、人類の文明は崩壊した。

 

猿と人類の戦いがゴールデンゲートブリッジで行われてから10年後、猿のリーダーであるシーザー(アンディ・サーキス)は、ミュアウッズの森に猿の集落を築き上げ平和な生活を送っていた。
シーザーは人間たちの自滅から教訓を得て『エイプ(猿)はエイプを殺さない』というルールを作り、手話やアルファベット、言語を用いて全員に守らせていた。

 

そんなある日集落に絶滅したと思われていた人間が現れ、警備にあたっていた猿に怪我を負わせる事件が発生する。
人類の生存に気付いたシーザーは群れを率いて人間の前に姿を現し、『エイプは戦争を望まない。二度と近づくな』と警告する。

 

馬に跨り言語を操るシーザー達の姿に人々はパニックに陥るが、集団をまとめていたドレイファス(ゲイリー・オールドマン)は「戦いになろうとも我々には銃がある」と皆を落ち着かせた。

数日後、警告を無視し数人の人間が再び森に現れ、その内の一人マルコム(ジェイソン・クラーク)が猿に捕らわれる。マルコムは人類存続に必要不可欠な電力を得るため猿の集落近くの水力発電所を修理させてほしいと要望し、シーザーはこれを了承した。

 

しかしかつて人間に実験体にされ虐待を受けて育ったシーザーの腹心コバ(トビー・ケベル)は「今こそ人類を滅ぼすべき」とシーザーに反旗を翻す。人間から奪った銃でシーザーを狙撃、「人間がシーザーを殺した」と猿を先導し、人間の拠点へと攻め込んでしまう…

撃たれたシーザーはマルコムらに発見され手当てを受け一命をとりとめた。
シーザーはマルコムの協力を得てコバの元へと向かい、恐怖で猿を支配し人類に攻撃を加えたコバを「もはやお前はエイプではない」とし、1:1の戦いの末に粛清する。

シーザーが生きていたことに安堵し、恐怖で支配するコバがいなくなったことで再び猿たちはシーザーに付き従うこととなる。

 一方攻め込まれた人間たちは無線で別の場所にいた軍に救援要請を行なっていた。
これを知ったマルコムは「まもなく軍がやってくる。到着すれば戦争になる。今のうちに逃げろ」とシーザーに告げるが、シーザーは「戦争はもう始まった。猿が戦争を始めてしまった」と返答した。

シーザーはマルコムに感謝を示し、戦いが始まる前に君が逃げろと告げ、戦いへの覚悟と決意を胸に仲間の前に立つのであった。

ぶたさん

人と猿、共存できると思われる描写もあったけど、最終的には戦争に突入してしまったね
人側にも猿側にも異種族を全く受け入れられない個体が存在していて、結果的にどちらも同族同士でも争ってしまっているのはなんだかリアルだなと感じるね。とても考えさせられる作品だと思うよ

あざらし君

2014年(平成26年)に流行した洋画9位「ホビット 竜に奪われた王国」


監督 ピーター・ジャクソン
製作 ピーター・ジャクソン
キャロリン・カニンガム
ゼイン・ワイナー
フラン・ウォルシュ
音楽 ハワード・ショア
出演 イアン・マッケラン(ガンダルフ)
マーティン・フリーマン(ビルボ・バギンズ)
リチャード・アーミティッジ(トーリン・オーケンシールド)
興行収入 14.1億円
yahoo!映画の評価 3.69

2014年(平成26年)に流行した洋画10位「ノア 約束の舟」


監督 ダーレン・アロノフスキー
製作 ダーレン・アロノフスキー
アーノン・ミルチャン
メアリー・ペアレント
スコット・フランクリン
音楽 クリント・マンセル
出演 ラッセル・クロウ(ノア)
ジェニファー・コネリー(ナーマ)
レイ・ウィンストン(トバル・カイン)
興行収入 13.8億円
yahoo!映画の評価 2.69

2014年(平成26年)に流行した洋画ベスト11~18位

2014年(平成26年)に流行した洋画11位「インターステラー」


監督 クリストファー・ノーラン
製作 エマ・トーマス
クリストファー・ノーラン
リンダ・オブスト
音楽 ハンス・ジマー
出演 マシュー・マコノヒー(ジョセフ・クーパー)
アン・ハサウェイ(アメリア・ブランド)
ジェシカ・チャステイン(マーフィー・クーパー)
興行収入 12.5億円
yahoo!映画の評価 4.23

2014年(平成26年)に流行した洋画12位「プレーンズ」


監督 クレイ・ホール
製作 トレイシー・バルサザー
トニー・コサネラ
キップ・ルイス
音楽 マーク・マンシーナ
出演 デイン・クック(ダスティー・クロップホッパー)
ステイシー・キーチ(スキッパー・レイリー)
プリヤンカー・チョープラー(イシャーニ)
興行収入 11.5億円
yahoo!映画の評価 3.07

2014年(平成26年)に流行した洋画13位「美女と野獣」


監督 クリストフ・ガンズ
製作 リシャール・グランピエール
音楽 ピエール・アデノ
出演 レア・セドゥ(ベル)
ヴァンサン・カッセル(野獣/王子)
アンドレ・デュソリエ(商人)
興行収入 11.0億円
yahoo!映画の評価 2.93

2014年(平成26年)に流行した洋画14位「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」


監督 ジェームズ・ガン
製作 ケヴィン・ファイギ
音楽 タイラー・ベイツ
出演 クリス・プラット(ピーター・ジェイソン・クイル/スター・ロード)
ゾーイ・サルダナ(ガモーラ)
デイヴ・バウティスタ(ドラックス)
興行収入 10.7億円
yahoo!映画の評価 3.96

2014年(平成26年)に流行した洋画15位「X-MEN:フューチャー&パスト」


監督 ブライアン・シンガー
製作 ローレン・シュラー・ドナー
ブライアン・シンガー
サイモン・キンバーグ
ハッチ・パーカー
音楽 ジョン・オットマン
出演 ヒュー・ジャックマン(ローガン/ウルヴァリン)
ジェームズ・マカヴォイ(チャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX)
マイケル・ファスベンダー(エリック・レーンシャー/マグニートー)
興行収入 10.3億円
yahoo!映画の評価 3.84

『X-MENフューチャー&パスト』はアメリカンコミック「X-MEN」を実写映画化した作品で、2000年に公開された『XーMEN』から数えて通算五作目にあたります。

前作までは人間と、人間が突然変異した超能力「ミュータント」が共存・対立する世界が描かれていました。
本作ではミュータントが殺戮される世界を、過去を変えることで改変する物語が描かれています。

『X-MENフューチャー&パスト』のあらすじ

 

西暦2023年。

 

世界はセンチネルと呼ばれるロボットが支配し、ミュータントを殺戮していた。

センチネルの立案者は1970年代の科学者トラスク博士で、博士はミュータントの能力を利用しようと人体実験を繰り返していた。

 

その企みに気付いたミュータントのミスティーク(ジェニファー・ローレンス)は1973年のパリ協定の際に博士を殺害、しかし皮肉なことにこれによりミュータントを危険とみなした政府は計画を推し進めることを決定する。
ミスティークは捕らえられその変身能力の源となるDNAが解析され、どんなミュータントにも対抗できる力を持ったセンチネルが生まれたのだった。

 

しかしセンチネルは後にミュータントを生む人間も危険と判断、現在の荒廃した未来へと繋がってしまった。

ミュータントのプロフェッサーX(パトリック・スチュアート)は全ての始まりである博士殺害を食い止め歴史を書き換えることでこの現状を打開しようと考え、キティの能力でウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)の精神を1973年に送り込むことを決意する。

 

送り込まれたウルヴァリンは若き日のプロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)とプロフェッサーXの友人マグニートー(マイケル・ファスベンダー)に未来を告げ協力関係を築かせ、殺害現場であるパリに向かうのだが・・

 

ミスティークを発見し博士殺害を阻止することに成功するが、マグニートーはミスティークが生きている限り博士殺害を狙い続けると判断し未来のためにとミスティークを殺そうとする。

間一髪の所で逃げ切ったミスティークだが、この様子は全世界に中継されてしまい、ミュータントの存在が公となってしまった。
加えて米大統領はミュータントの存在を危険視、博士にセンチネル実演の許可を出してしまう。

実演が行われることを知ったプロフェッサーXはワシントンへ向かい、パリ協定以降単独行動をとっていたマグニートー、そしてミスティークもワシントンへ向かっていた。
マグニートーはセンチネル計画実行を許可した大統領暗殺を狙い追いつめることに成功するが、大統領に化けたミスティークにより虚を突かれプラスチック製銃で撃たれ負傷する。

ミスティークは今度こそ博士を殺害しようとするが、マグニートーを退けたことにより「ミュータントが大統領達を救った」と世界に示すチャンスであるとプロフェッサーに説得されたことで思いとどまりその場を去る。

これによりミュータントは必ずしも危険な存在ではないと認識されたことで計画は白紙となり、センチネル誕生は防がれ未来も変わることとなった。

ウルヴァリンは目を覚ますと2023年に戻っていたが、歴史は変わっておりプロフェッサー達は平和に暮らしていた。ウルヴァリンは1973年に送り込まれた記憶と人格が戻ったことをプロフェッサーに告げ、プロフェッサーは懐かしき友が戻ったことを心から祝福するのであった。

ぶたさん

本作のウルヴァリン達の活躍により歴史は改変。第一作目の『X-MEN』から第四作目までの『ウルヴァリン SAMURAI』までの出来事は全てなかったこととなったんだよね
それに伴ってエンディングでは死んだはずのサイクロップスやジーンが生きていることになった

あざらし君

ぶたさん

見ごたえがあって最高のハッピーエンドを迎えた本作だけど、逆に映画『X-MEN』シリーズの時系列をすごくややこしくしてしまってもいるよね

2014年(平成26年)に流行した洋画16位「LUCY/ルーシー」


監督 リュック・ベッソン
製作 ヴィルジニー・ベッソン=シラ
音楽 エリック・セラ
出演 スカーレット・ヨハンソン(ルーシー)
モーガン・フリーマン(ノーマン博士)
アムール・ワケド(ピエール・デル・リオ)
興行収入 10.3億円
yahoo!映画の評価 2.90

2014年(平成26年)に流行した洋画17位「LIFE!」


監督 ベン・スティラー
製作 サミュエル・ゴールドウィン・Jr
ジョン・ゴールドウィン
スチュアート・コーンフェルド
ベン・スティラー
音楽 セオドア・シャピロ
ホセ・ゴンザレス
ローグ・ウェーブ
出演 ベン・スティラー(ウォルター・ミティ)
クリステン・ウィグ(シェリル・メルホフ)
シャーリー・マクレーン(エドナ・ミティ)
興行収入 10.1億円
yahoo!映画の評価 3.82

2014年(平成26年)に流行した洋画18位「フューリー」


監督 デヴィッド・エアー
製作 ビル・ブロック
デヴィッド・エアー
イーサン・スミス
ジョン・レッシャー
音楽 スティーヴン・プライス
出演 ブラッド・ピット(ドン・”ウォーダディー”・コリアー)
シャイア・ラブーフ(ボイド・”バイブル”・スワン)
ローガン・ラーマン(ノーマン・”マシン”・エリソン)
興行収入 10.0億円
yahoo!映画の評価 3.49

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です