1991年(平成3年)に流行した邦画・配給収入ランキング【あらすじ・結末】

邦画

この記事では1991年(平成3年)に流行した邦画を、配給収入順にランキング形式で紹介しています。

1991年(平成3年)に流行した邦画ベスト10

では早速1991年(平成3年)に流行した邦画ベスト10を見ていきましょう。

1991年(平成3年)に流行した邦画1位 「おもひでぽろぽろ」


監督 高畑勲
製作 鈴木敏夫
音楽 星勝
キャスト 今井美樹
柳葉敏郎
本名陽子
配給収入 18.7億円
yahoo!映画の評価 3.98

魔女の宅急便以来年ぶりに製作されたスタジオジブリ作品。

キャッチコピーは「私はワタシと旅にでる。」

あらすじ

 

時代は1982年。

 

27歳のOL・岡島タエ子は休暇を取得し、姉・ナナ子の夫の親類が住む山形県へ滞在することになった。

 

その目的は田舎暮らし。

 

しかしタエ子は意図せず小学校5年生の自分を旅に連れてきていた。

 

山形行きの列車に乗ってから、タエ子の心の中にあった小学五年生の頃の思い出が蘇り始めたのだ。

 

初めてパイナップルを食べたこと、分数の割り算ができなかったこと、広田君に恋をしたこと。

 

農家の青年トシオに駅で迎えられ、農家の仕事を手伝いながら田舎暮らしをするうち、タエ子にこうした思いでが蘇りタエ子は農家の人々の暮らしに惹かれていく。

 

タエ子の想いを見抜いたトシオの祖母は、トシオと結婚してこちらへ移住するようタエ子に提案するのだが・・・。

しかし祖母の提案により、タエ子は自分の考えが甘く所詮「都会人が田舎暮らしに憧れているだけ」であることを認識してしまい、重労働を伴う農家の仕事が自分に務まる自信がないことに気づく。

家を飛び出したタエ子に偶然出会ったトシオはタエ子を優しく励まし、そんなトシオに惹かれる自分を認識する。

休暇が終わり、トシオとの結論は出さずに東京へ発つタエ子。

しかし列車に乗り込むと小学五年生の自分が現れた。

小学五年生の自分は27歳のタエ子の背中を押し、タエ子の山形県移住を決意させるのだった。

ぶたさん

1991年の1位はジブリ作品の「おもひでぽろぽろ」だったんだね。
でもジブリ作品の中で「おもひでぽろぽろ」はあまり評価が高くないよね

あざらし君

ぶたさん

前作「魔女の宅急便」のような冒険が起こるわけじゃないからね。
ジブリ作品ということで観客動員されたけど、高畑監督の作品はあまり評価が高くないような気がする。

あざらし君

ぶたさん

それは言ってはいけない。

1991年(平成3年)に流行した邦画2位 「ドラえもん のび太のドラビアンナイト」


監督 芝山努
製作 シンエイ動画、テレビ朝日、小学館
音楽 菊池俊輔
キャスト 大山のぶ代
小原乃梨子
野村道子
たてかべ和也
肝付兼太
配給収入 18.0億円
yahoo!映画の評価 3.82

ドラえもん大長編シリーズ11作目、映画シリーズ第12作目の作品。

「絵本はいりこみ靴」は絵本の世界の中に入り込むことができるという道具だ。

 

しずかを誘い一緒に絵本の中で遊んでいたのび太だが、スネ夫とジャイアンのせいでしずかは怒って一人で絵本の中から出て行ってしまう。

 

しかし翌日、実はしずかが絵本の中から出てきていないことがわかる。

 

肝心の絵本はのび太のママが全て焼却していた。

 

しずかがいるのはアラビアンナイトの世界であることを突き止めたのび太とドラえもんは、スネ夫とジャイアンと共にタイムマシンで古代アラブの世界へと行き絵本の世界へたどり着く。

 

盗賊カシムに四次元ポケットを奪われるのび太一行は砂漠をさまよい、しずかは奴隷商人のアブジルに捕らえられている。

 

のび太の体力が限界を迎えた時、突然大きな魔人が飛んできて砂漠の黄金宮殿に連れ去られる。黄金宮の持ち主はシンドバッドだった。

シンドバッドは以前タイムトラベラーを偶然助け、そのお礼として砂漠に黄金宮殿を建ててもらっていただった。

シンドバッドは兵士の種を使いアブジルからしずかを救出するが、カシムとアブジルは手を組み黄金宮を狙う。

一度は黄金宮を奪還されたもののシンドバッドとドラえもんたちの活躍により再び黄金宮を取り返し、のび太たちは無事自分たちの時代へと帰っていく。

ぶたさん

2位はなんとドラえもん。ドラえもん強いよね。
出せば安定した売り上げをたたき出せるのは凄い

あざらし君

ぶたさん

絵本の中が舞台だったけど最終的にはタイムトラベラーが絡んでいたね
ドラえもん映画のタイムトラベラー率は異常

あざらし君

1991年(平成3年)に流行した邦画3位 「男はつらいよ寅次郎の休日」


監督 山田洋次
製作 内藤誠
音楽 渥美清「男はつらいよ」
キャスト 渥美清(車寅次郎役)
檀ふみ(奥村寿子役)
吉岡秀隆(諏訪満男役)
後藤久美子(及川泉役)
配給収入 14.1億円
yahoo!映画の評価 3.58

男はつらいよシリーズの43作目。

寅さん(渥美清)の甥・満男(吉岡秀隆)は大学生となっていた。

 

満男の元に泉(後藤久美子)が訪れ、両親の離婚の原因が父の浮気にあることを告白する。

 

泉は母親と名古屋に戻ろうとするが、父に対する思いを捨てきれず父の住む大分へ向かい、図らず満男も博多行の新幹線に飛び乗ってしまい、泉と満男は泉の父に会いに行くことになるのだが・・

 

大分で父は恋人の幸江と暮らしており、幸せそうな父に泉は複雑な心境となる。

そこへ寅さんと泉の母親の礼子が到着、泉は礼子に父と会ったことを話し、父とは別に名古屋で母と二人で暮らすことを決意する。

あけて正月、泉は再び満男の家を訪れる。満男は「幸せとは何か」について深く考えるのだった。

ぶたさん

3位には安定の「男はつらいよ」シリーズがランクイン。
3位まではシリーズものばかりだね。

あざらし君

ぶたさん

本作から後藤久美子が「男はつらいよ」シリーズの一員に加わります。

1991年(平成3年)に流行した邦画4位 「ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強」


監督 橋本光夫
製作 今田智憲、茅野力造
音楽 菊池俊輔
キャスト 野沢雅子
古川登志夫
田中真弓
渡辺菜生子
配給収入 14.0億円
yahoo!映画の評価 3.69

ドラゴンボールシリーズの8作目の劇場公開映画。

夏休み東映アニメフェアの1作品であり、同時上映作は「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」「まじかる☆タルるートくん 燃えろ!友情の魔法大戦」がありました。

漫画やアニメの時系列で言うと悟空がフリーザを倒た後、トランクスの登場から人造人間が出現するまでの間に起こった事件と言えます。

この物語のラスボスはフリーザの兄、クウラ。

 

フリーザが惑星ベジータを破壊した際、赤ちゃんが乗ったロケットが地球へ脱出するのを眺めるクラウ。

 

後にその赤ちゃんが孫悟空となるわけですが、他人(フリーザ)の仕事には手を貸さない主義のクウラはただ見ているだけだった。

 

フリーザを倒した後、地球でキャンプを楽しむ悟空やクリリンたち。

 

しかしそこにクウラとその部下(ドーレ、サウザー・ネイズ)が現れ襲撃され、悟空はクラウにより倒されてしまう。

 

悟飯やピッコロの活躍もありクラウの部下は倒しますが、クウラに倒されるピッコロ。

仙豆で回復した悟空とクウラの戦いが始まり、地球を破壊しようとするクウラを見て悟空は超サイヤ人へと覚醒、クウラは太陽へと飛ばされていく。

クウラの部下サウザーが生き残っていたが、ピッコロの魔貫光殺砲がさく裂しサウザーは倒れ、物語は大団円を迎える。

ぶたさん

ドラゴンボール凄いなぁ
東映アニメフェアと言えばチビっ子がみんな見に行っていたからね

あざらし君

1991年(平成3年)に流行した邦画5位 「ちびまる子ちゃん 大野君と杉山君」

大野君と杉山君

amazon.co.jpより引用

監督 須田裕美子・芝山努
製作 本橋浩一
音楽 中村暢之
キャスト TARAKO
水谷優子
屋良有作
鈴木みえ
配給収入 13.5億円
yahoo!映画の評価 4.07

ちびまる子ちゃん初の映画作品。

題名は「ちびまる子ちゃん」ですが副題として「大野君と杉山君」が添えられています。

まる子は席替えで大野君と杉山くんと同じ班になった。

 

大野君と杉山君は乱暴なところがあり、まる子は憂鬱だ。

 

しかし二人はリーダーシップがあるので、まる子のグループは誰よりも早く掃除を終わらせることがでるなど尊敬できるところも多い。

 

大野君と杉山君の夢は二人で世界中を船旅すること。それほど二人の仲は良いのだ。

 

しかし運動会の騎馬戦で杉山君が大野君を助けられなかったことをきっかけに、二人は喧嘩をしてしまう。

冬の合唱コンクールで声が出なくなった大野君にかわり、杉山君が独唱をしたことで二人の仲は元に戻る。

しかし大野君は父親の仕事の都合で転勤をすることになってしまう。

お別れ会で杉山君はセーラー服を着て登場。

大野君にもセーラー服を着てもらったが、その姿はまるで船乗りのようであった。

ぶたさん

ちびまる子ちゃん初代映画がランクイン
平成1年からのちびまる子ちゃんブームに乗っかり映画化したけど、ヒットしちゃった感がすごい。

あざらし君

1991年(平成3年)に流行した邦画6位 「ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空」


監督 橋本光夫
製作 東映動画
音楽 菊池俊輔
キャスト 野沢雅子
古川登志夫
田中真弓
鶴ひろみ
渡辺菜生子
配給収入 13.0億円
yahoo!映画の評価 3.32

「ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空」はドラゴンボールの劇場公開作第7弾です。

春休みの東映アニメフェアとして放映され、同時上映は「まじかる☆タルるートくん」。

漫画やアニメの時系列で言うと、フリーザとの対決前になります(ナメック星にいる悟空がなぜ地球にいるのかは映画ならではの矛盾です)。

「ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空」のラスボスは宇宙人スラッグ。

 

ピッコロと遊ぶ悟飯。悟飯が口笛を吹くとなぜかいやそうな顔をするピッコロ

 

そのころ地球に向かって正体不明の惑星が近づいてきた。

 

スラッグが地球をクルーザーに改造し、道具として使う目的で侵略してきたのだ。

 

惑星から宇宙船地球へ降り立ったスラッグはブルマからドラゴンボールのことを聞き出し、若返りに成功。

 

太陽光の元では1時間も生きていけないスラッグは、地球への太陽光を雲で遮断し始める。

 

悟飯とピッコロは宇宙船でスラッグの部下(ドロダボ・メダマッチャ・アンギラ)たちと交戦、ドロダボは倒せたものの、メダマッチャ・アンギラにピッコロが倒されてしまう。

悟飯も倒されそうになったその瞬間、孫悟空とクリリンが登場、メダマッチャ・アンギラを一瞬で倒します。

クリリンを一瞬で倒したスラッグと孫悟空の一騎打ちが始まりますが、スラッグに手も足もでない孫悟空。

しかし仲間の声を聞いた悟空は金色のオーラにつつまれスラッグを圧倒します。

しかしスラッグはヘルメットを脱ぎ、巨大化。戦闘力をさらに上げます。

実はスラッグはナメック星人であり超ナメック星人となったスラッグはフリーザを超える戦闘能力を手に入れます

その時ピッコロは悟飯に「口笛を吹け」と言います。

実はナメック星人は口笛に弱く口笛を聞くと弱体化するのでした。

形成は逆転、悟空の放った元気玉でスラッグを倒し物語は終わります。

ぶたさん

ナメック星人にそんな設定あったっけ・・?
映画の中だけの設定だね・・その後この設定が活かされることは無かった。

あざらし君

1991年(平成3年)に流行した邦画7位 「福沢諭吉」

福沢諭吉

amazon.co.jpより引用

監督 澤井信一郎
製作 佐藤正忠、高岩淡
音楽 久石譲
キャスト 柴田恭兵(福沢諭吉役)
榎本孝明(奥平外記役)
仲村トオル(篠原小十郎役)
南野陽子(ノブ役)
配給収入 11.0億円
yahoo!映画の評価 3.00

福沢諭吉の伝記映画。

中津藩の下級武士の家に生まれた諭吉。

 

同じ年に生まれた家老の息子・奥平外記とともに蘭学を学ぶため長崎に留学する。

 

生まれの違いから奥平から下士と扱われ封建制度の差別を憎みながらも、勉学に励み諭吉は蘭塾の塾長となる。

 

諭吉は禁止されていた英語を教塾でえるようになるなど、西洋に傾倒していく。

 

西洋事情を出版し、塾を慶應義塾に改名。新しい日本を作ることを志す。

一方で家老職を解かれ酒に溺れる奥平は新しい時代を見ることなく自害する。

戊辰戦争が起こると諭吉は戦争に反対する授業を続け、近代日本の基礎を作り続けるのであった。

 

1991年(平成3年)に流行した邦画8位 「波の数だけ抱きしめて」


監督 馬場康夫
製作 三ツ井康
相賀昌宏
音楽 松任谷由実
出演者 中山美穂(田中真理子)
織田裕二(小杉正明)
松下由樹(高橋裕子)
阪田マサノブ(芹沢良明)
別所哲也(吉岡卓也)
配給収入 10.5億円
yahoo!映画の評価 3.80

「私をスキーに連れてって」「彼女が水着にきがえたら」と共に公開された『ホイチョイ3部作』の最終作品です。

1991年11月の東京。

 

真理子(中山美穂)と男性の結婚式が行われています。

 

新郎新婦退場の時、真理子と小杉(織田裕二)は目が合うのですが何やら深いワケがありあそうです。

 

1982年5月

 

秋にロサンゼルスの大学へ編入が決まっている真理子を中心に小杉・芹沢(阪田マサノブ)・裕子(松下由樹)は、大学最後の夏に湘南でミニFM局を立ち上げます。

 

真理子のことが好きなのにそれが言いだせない小杉。ロサンゼルへ発つ前に想いを告げたいのに・・。

 

ある日湘南に現れたサラリーマンの吉岡は真理子に一目ぼれ、FM局の放送範囲を広げるなどFM局の運営に参加します。

 

新FM湘南立ち上げ前日、真理子は吉岡に誘い出されますが、そこで吉岡は真理子が小杉のことを好きなことを知ってしまう。

しかしその日真理子は酔って抱き合う裕子と小杉の姿を見てしまう。

FM湘南立ち上げ当日にアメリカへ発つ真理子。

放送を聞いているはずの真理子にFMで「好きだー」を連呼する小杉だが、真理子はすでにトンネルに入っており電波は届かない。

1991年東京。

結婚式が終わった後日、真理子を除く4人は当時の思い出話に花を咲かせながら湘南の海辺を歩くのでした。

ぶたさん

なかなか切ないお話ですね。ホイチョイ3部作は今見ても良い作品多いですね。
本当に。ちなみに「ホイチョイ3部作」はバブルを象徴した作品が描かれていると言われているけど、1991年はバブル崩壊元年だからね。

あざらし君

1991年(平成3年)に流行した邦画9位 「動天」

動天

元副会長のCinemaDaysより引用

監督 舛田利雄
製作 北村恒夫
岡田茂
音楽 池辺晋一郎
出演者 北大路欣也(中井屋重兵衛)
黒木瞳(おその)
島田陽子(おらん)
西郷輝彦(勝海舟)
配給収入 10.5億円
yahoo!映画の評価 3.40

時は幕末、場所は横浜。

日本の開国に寄与した承認・中井屋十兵衛の自伝映画。

安政5年・徳川幕府は日米通商条約を結び横浜が開港する。

 

商人・中井屋重兵衛(北大路欣也)は日本橋の店をたたみ横浜へ進出、世界を相手に貿易を始める。

 

勝海舟(西郷輝彦)の助けもあり広大な土地に豪華な館を建築したが、奉行所に呼び出される。

 

江戸幕府による弾圧(安政の大獄)であった。

幕府の横浜への弾圧は激しさを増す中、中井屋重兵衛は桜田門外で井伊直弼が襲撃される支援を行った。

中井屋重兵衛は開国と自由貿易に天命を受けての行動だった。

1991年(平成3年)に流行した邦画10位 「幕末純情伝」


監督 薬師寺光幸
製作 角川春樹
音楽 国吉良一
出演者 渡辺謙(坂本龍馬役)
牧瀬里穂(沖田総司役)
杉本哲太(土方歳三役)
伊武雅刀(近藤勇役)
配給収入 8.6億円
yahoo!映画の評価 3.04

「沖田総司は女だった!?」をキャッチフレーズにした、つかこうへいの長編小説初の映画化。

沖田総司を当時の大人気アイドル牧瀬里穂が演じた。

新選組隊員の募集広告を見て、沖田総司(牧瀬里穂)が江戸の大通りに現れる。

 

一方京都で桂小五郎と坂本龍馬(渡辺謙)は討幕の相談をしている。

 

新選組は討幕から幕府を守るため立ち上がるが、坂本龍馬はなぜか沖田総司を口説き始める。

 

総司は土方歳三(杉本哲太)に思いを寄せるが、土方は謎の女・深雪(財前直見)に熱を上げる。そして総司を狙う龍馬。

 

ドタバタ劇の中、新選組スポンサーの松平容保のもとには大漁の請求書が寄せられていた。新選組の器物破損の請求書である。

 

全員クビになる新選組。そして総司が桂にさらわれる。

怒った龍馬は土方と共に総司を助け、3人で寺田屋旅館で鍋を囲む。

しかしすでに寺田屋旅館は討幕の一軍が旅館を取り巻いていた。

それを知った龍馬は落胆し総司に切り込むが、逆に切られてしまう。龍馬の笑いながら死んだ顔を、総司と土方は見つめるのであった。

ぶたさん

グダグダじゃないですか・・
いや「幕末純情伝」は新選組をコメディタッチで描いた作品という事でなかなか評価が高い作品なんだ。

あざらし君

ぶたさん

牧瀬里穂の殺陣も評判よかったようですね。

1991年(平成3年)に流行した邦画ベスト10を総括

ぶたさん

1991年(平成3年)に流行した邦画を見てきましたがいかがでしたか?
前年までは大金をかけて集客して無理矢理興行収入を上げる作品が多かったけど、バブルが弾けたせいかアニメや定番作品が多くランクインしたね。

あざらし君

ぶたさん

そうなんですよ、アニメが5作品もランクインしてますし、史実を元にした作品も多かったですね。
お金がなくなって新しいチャレンジができなくなったとも言えるね。

あざらし君

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です