1986年(昭和61年)に連載を開始した神漫画3選

漫画

この記事では1986(昭和61年)に連載を開始してその後大流行した漫画を3作品紹介しています。

1986年(昭和61年)に連載を開始した神漫画3選

1986年(昭和61年)の流行漫画・「聖闘士星矢」

作者 少年漫画、ファンタジー漫画
ジャンル 車田正美
連載雑誌 週刊少年ジャンプ
単行本の巻数 28巻

「聖闘士星矢」は、アニメやゲーム化はもちろん、舞台やフィギュアといった幅広い展開が行われた、1980年代の少年ジャンプを代表するバトル漫画です。

「聖闘士(セイント)」と呼ばれる、アテナを守る少年たちの闘いが描かれ、星座をモチーフにした「聖衣(クロス)」を装着して戦うという斬新な設定が大ヒット。

射手座の黄金聖衣を巡る戦い「銀河戦争編」、白銀聖闘士の刺客たちと戦う「白銀聖闘士編」、聖闘士の頂点・教皇を倒すべく聖域(サンクチュアリ)へと乗り込む「十二宮編」。続く「ポセイドン編」や「ハーデス編」など、いずれのエピソードでもアテナの化身である沙織を守るため、聖闘士たちが熱い死闘をくり広げました。

とくに物語の頂点となったのは「十二宮編」で、星矢たちが12星座それぞれを担当する黄金聖闘士(ゴールドセイント)たちを倒し、教皇の元へたどり着くという物語です。
しかしゴールドセイントたちを倒した末、たどり着いた教皇の正体が実は・・・という非常にワクワクする展開が待ち受けていました

主人公・ペガサス星矢の「ペガサス流星拳」やドラゴン紫龍による「廬山昇龍覇」など、聖闘士たちがくり出す数々の必殺技や、少年心をくすぐる聖衣の造形に、当時の読者は皆夢中に。

また、聖闘士のほとんどがイケメンで、少年たちだけでなく「腐女子」のあいだでも大ブームを巻き起こした作品でもあります。

ぶたさん

だいたい沙織さんが拉致されて、矢が刺さったり瓶に入れられたりと大変。
Netflixの3Dアニメ版で、女性にされたアンドロメダ瞬も大変だと思う・・・。

あざらし君

1986年(昭和61年)の流行漫画・「県立海空高校野球部員山下たろーくん」

作者 こせきこうじ
ジャンル 野球漫画
連載雑誌 週刊少年ジャンプ
単行本の巻数 21巻

「県立海空高校野球部員山下たろーくん」は、週刊少年ジャンプで1986年から1990年まで連載された熱血スポ根野球漫画です。

主人公の山下たろーは、「史上最低の鈍才」ながらも「史上最高の野球部員」を目指す努力家。弱小チーム、海空高校野球部員たちは、地元の超強豪校にライバル視されていると勘違いして一念発起。強豪校を倒し、甲子園に出場するために奮闘します。

発展途上な主人公が努力して、弱小チームを勝利に導くというスポ根ものの王道中の王道ストーリーがくり広げられる本作。決して洗練されているとは言い難い画風ですが、逆にそれが山下たろーくんをはじめ、登場人物たちの純粋なひたむきさを引き立てています。

ちなみに、コミックバンチでは社会人になった山下たろーを主人公にした「株式会社大山田出版仮編集部員山下たろーくん」や、「山下たろーくん うみとそらの物語」といった続編も発表。こちらは野球ではなく、編集者として奮闘するたろーの物語が描かれました。

意外とジャンプは野球漫画のヒット作が少ない。

あざらし君

ぶたさん

そのなかで「山下たろーくん」は長く支持された作品だね。

1986年(昭和61年)の流行漫画・「ミスター味っ子」

作者 寺沢大介
ジャンル 少年漫画、料理漫画
連載雑誌 週刊少年マガジン
単行本の巻数 19巻

「将太の寿司」を手がけた寺沢大介による料理漫画。アニメ版も2年という長期に渡って放映されました。

父親が遺した定食屋を切り盛りする少年料理人・味吉陽一が、斬新なアイデアと料理への情熱で、料理バトルに挑むというストーリー。

パスタを茄子で巻いた「ナス・ミートソーススパゲティ」や、ハンバーグをパンで包む「パン包み串焼きハンバーグ」、パイナップルを器にしたカレーなど。生み出した料理は斬新ながらも、思わず真似をしたくなるものばかり

また、本作を語るうえで欠かせないのが実食後のリアクション

「食戟のソーマ 」や「花のズボラ飯」、「めしぬま。」など、近年のグルメ漫画は、食後のリアクションを特徴的に描く傾向がありますが、元祖とも言えるのが「ミスター味っ子」ではないでしょうか。

なお、後にイブニングで連載された「ミスター味っ子II」では、陽一の息子・味吉陽太へと主人公がバトンタッチされています。

ぶたさん

味皇の存在感が主人公の陽一を凌駕してる。
とくにアニメ版は、味皇の実食後リアクションがメインみたいなところがあった。

あざらし君

ぶたさん

原作でもそれにつられてか、リアクションがどんどん派手になっていったよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です